F1の技術採用


空力性能を高める取り組みとしてテールランプ端にイルカの背びれのような出っ張りが採用されています『エアロスタビライジングフィン』といいます。これは、気流に渦を発生させ、車体を左右から押さえ付ける効果があります

まさにスポーツカー

AREA86にお越しになって高速試乗いたしませんか

お待ちしてます


2012/10/07(日)
今日のできごと

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top