カーボンLSD&エンジンマウント交換





皆様こんにちは。

寒い日が続きますが、エリア86は熱いです。

先日、藤田直廣さん監修の、大人の86コンセプトカーにカーボンLSDとエンジンマウントを交換しました。


先ずは、LSDとは、リミテッド.スリップ.デファレンシャルの略称です。このLSDが、装着されていない場合、たとえば脱輪すると反対側の駆動輪には、力が伝わらず空転してしまいます。

LSD が装着されている車は、方輪が空転しても、もう方輪に約50%以上の駆動力が伝わります。

サーキットや、スポーツ走行時などでコーナー脱出時の加速区間は駆動輪の内輪は空転しやすいので、LSD装着車はアクセルコントロールがしやすく、車も安定します。

ですから、楽にしかも安全にスポーツ走行が楽しめます!!!

今回は、ATS製のカーボンLSDを装着致しました。LSDの種類も2種類あり、ギアタイプ(ヘリカル、トルセンなど、86はトルセンタイプです。GのメーカーオプションとGT以上のグレードに標準装備)とクラッチ多板タイプ(機械式とも呼ばれています。)LSDの効き具合は、機械式が良く効きますが、メンテナンスがいります。

一般のLSDは、多板クラッチの材質がメタルなので、磨耗しやすくレースなどでは毎回もしくは年に数回もクラッチ板の交換が必要になります。

今回のカーボンLSDは、取扱書によりますと、メタルタイプに比べて、なんと70倍!!!も耐久性があるそうです。

ですが、用途によってメタルタイプよりもLSDオイルの交換時期に気をつける必要があります。

次に、エンジンマウントですが、本来はエンジンの振動を防止するものですが、(86は水平対向エンジンなので振動は少ないそうです)加速時や、コーナリング時にエンジンマウントがたわみ、エンジンが動きミッションが入り難くなるそうです。

それと、もう1つはエンジンは、大きな重量物なので、コーナリング時にエンジンが傾くと車のバランスが悪くなります。

ですが、ノーマルのエンジンマウントに比べて振動が大きくなりますので、注意が必要です。是非、大人の86が出来上がりましたらご確認下さい。(私の感想は、気にならなく充分我慢出来ます)

そして本日は、午後よりTSタカタサーキットへ、藤田直廣さんにテストを行って頂きました!!!

また、詳しい情報をお伝え致します。お楽しみに!!!












プロフィール

Author:HT GR masters
みなさんこんにちは。
広島トヨタ GR Garage です
トヨタ86からトヨタのスポーツブランドGRまでを専門で扱っております
皆さまにカスタマイズや車の情報など色々お届けいたします。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

QRコード

QR